2008_11
10
(Mon)22:40

貴婦人バッグお嫁入り

   CIMG2813.jpg

このバッグ「貴婦人バッグ」と名づけました。
今朝ご依頼主さまの元へと旅立ちました。

イタリアのスカラマンドレの布です。
元某首相邸宅のカーテン等もこのスカラマンドレらしいです・・・。
このシルクの光沢はたまりません。


CIMG2816.jpg

シルク転写の周りの様子です。


CIMG2811.jpg

反対側はこんな感じです。
こちら側は生地の明るい色の模様を出しました。
その色に合わせて転写の周りのレースやビーズを選びました。
この布の発色、光沢、質感が画像からも何となく判って戴けるでしょうか。


CIMG2815.jpg

底の様子です。
少しでも汚れ防止にと思いフランスチュールをかぶせてみました。

 

CIMG2805.jpg

中の様子です。
口布リボンに入っているパープルに合わせてサイドのリボンと内生地は
パープル系にしてみました。


キルターと言えばコットンが主流。
ヴィクトリアンキルトではシルクやゴブランはよく使ってます。
が、こんな質感のここまで高価なシルクは初めてでした。
庶民の私には縁がありません・・・汗

そんな私にこの布を託したご依頼主さま。
デザインも何も希望はなしのまるっきりのおまかせで・・・。jumee☆surprise7
むこうみずと言いましょうか・・jumee☆surprise4
太っ腹と言いましょうか・・

私はそれにちゃんとお答え出来たでしょうか・・・。
いいお勉強になりましたしこれからも精進していかねばと
思ったのでした。
こんな機会を与えてくれたご依頼主さまに感謝してます。にこ

他にも度々オーダーを入れてくださる方がたがいらっしゃいます。
先だっての作家展や今回のクチュールAKKOのショップ等でも
たくさんの人達に私の作品を購入して頂きました。
お気に入って頂いていつも大変嬉しく思ってます。絵文字名を入力してください

皆さんがお支払いくださった物に対して
それに見合った仕事がちゃんと出来ているかどうか
時々自問自答します。
責任ある仕事をしていかねばと思っています。ファイト

そんな思いを心の引き出しに大切に収めながら天使
普段は本当に楽しく飽く事もなく作品作りや諸々の
事をこなしています。

キルトを始めて18年。
一度も飽きる事なく今に至ってます。
作りたい物、してみたい物、
まだまだいっぱいあります。
よっぽど好きなんでしょう~ね!!
我ながらびっくりです!!にっこり
好きなものがあるって幸せな事ですね!!ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


関連記事
スポンサーサイト